過払い金の相談

愛犬の納骨について

今年の夏、12年半可愛がってきた愛犬が亡くなりました。
お探しの長崎 霊園はこちらです。
子供がなかなか授からなかった私たち夫婦にとっては子供の様に可愛がっていたので、別れは本当に辛いものでした。一番近いペットの火葬場での火葬も終わり後日納骨をするまでの間、一つ選択をしなくてはならないことがあったのです。
それは、愛犬のお骨を共同墓地に散骨するか、または長崎 納骨堂にて骨壺ごと保管しておくかの選択です。
以前に亡くなった、私が中学の時から飼っていた犬も共同墓地に散骨してあるので、同じところにしてあげた方がいいだろうと私たち夫婦は考えた末、その共同墓地に散骨することを決めました。
詳しいことは霊園 長崎市で探せます
散骨をするともう二度と骨を拾うことはできません。
そのため決意してからも、何度も後悔しないように悩みましたが、結局その日を迎え無事散骨が終わりました。
気になる方は長崎 墓地←をクリック。
散骨が終わってからは、気持ちも落ち着き私たち夫婦は以前飼っていた犬と一緒にして毎年お参りもできるのでよかったなと思っています。
お悩みの方は長崎 永代供養←からどうぞ