過払い金の相談

糖尿病になると起こる合併症

血糖値を下げる働きをするインスリンが何らかに理由によって作られなくなり、それによって血糖値が高くなってしまう病気のことを糖尿病と言います。糖尿病によって尿の数が増えたり、疲れやすくなったりします。またのどが渇きやすくなるのもこの病気の症状の一つです。糖尿病になるといろいろな弊害が起こるのでなるべく早めに治療したほうがいいでしょう。

 

そして糖尿病になるといくつかの合併症を引き起こしてしまいます。具体的には三種類の合併症があります。まず網膜の血管に異常が出て、目がかすんだり、視力が低下したりする糖尿病網膜症です。目で物を見ることは普段の生活において欠かせないことなので、症状がひどくなる前に対処しなければなりません。

 

次に尿や老廃物を体内に出す働きをする腎臓に異常が出る糖尿病腎症です。この症状がでると血圧が上昇したり、体がむくんだりすることがあり、ひどくなると腎不全を起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

 

それから体の神経が障害される糖尿病神経障害があります。
こちらの大阪市 糖尿病を試してみませんか?